見出し

東京霞が関オフィス
愛知大学 東京霞が関オフィスとは

愛知大学東京霞が関オフィスは2007年、霞が関地区再開発のため、新ビルの霞が関コモンゲート西館37階(最上階)に移転しました。このビルは日本初の官民共同ビルで、日本初の高層ビル、霞が関ビルと3棟で構成されています。東館には文部科学省・会計検査院、西館には19階までが金融庁、20階以上に一般企業が入り、35階から37階までが霞山会の所有する霞山会館となります。東京霞が関オフィスは最上階の37階に入居しており、皇居、国会議事堂、丸の内オフィス街、新宿の高層ビル群等が展望できます。

当オフィスは、最大40人程度が収容できるため、ゼミ合宿の開催や教職員の官庁交渉のための事前打合せ、他校との交流の場、学会等に使用されることが多くなっています。

また、同窓生には、東日本地区同窓会の拠点として、各種会合、就職学生との相談会、若手同窓生の集会等と多彩に利用されています。

在学生には、1・2年次キャリア大学のサポート、3年次インターンシップの案内とサポート、さらに首都圏での就職を希望する学生に対し、全国型企業の求人情報提供、履歴書とエントリーシート(ES)の添削、面接シミュレーションなど積極的なサポートに努めています。
東京霞が関オフィス所長 メッセージ

東京霞が関オフィスには就職活動中の学生が多く訪問し、常時10人程度がパソコンを使用したり求人票を閲覧しています。訪問した学生には、スタッフが時間をかけ丁寧に就職活動のアドバイスをしています。また、ここ数年このオフィスを利用した首都圏ゼミ合宿が年5回程度開催され、オフィスの存在が認知されています。

この春卒業し首都圏で就職される皆さんには、定期的に集まり交流をする「平成年度卒業生の集い」にご参加いただき首都圏で活躍する若手同窓生と情報交換など交流の場を設けています。

首都圏での活動拠点として東京霞が関オフィスをぜひご活用ください。
東京霞が関オフィス所長 夏目 益良(1972年法経学部卒業)