文字サイズ

教員・職員公募

国際コミュニケーション学部 専任職員「アメリカ研究(社会経済)」の公募について

愛知大学では下記要領にて専任職員「アメリカ研究(社会経済)」を公募いたします。
1.担当科目および採用後の所属専攻分野:「アメリカ研究(社会経済)」
担当科目:各学期最低5科目

(ⅰ) 主に担当いただく科目:
「演習Ⅰ」(春)、「演習Ⅱ」(秋)、「演習Ⅲ」(春)、「演習Ⅳ」(秋)、「Current American Issues」、「国際フィールドワークⅠ」、「国際フィールドワークⅡ」
(ⅱ) できれば担当いただきたい科目:
「Popular Culture」、「Multiculturalism Studies」、「アメリカ文化論」、「アメリカ生活文化論」、「American Society and Politics」、「History of American Culture」
※その他、研究内容に相応する専門教育科目をご担当いただくことがあります。 
※原則として英語タイトルのクラスは英語で教えていただきます。
※その他英語等の共通教育科目(「ReadingⅠ」「ReadingⅡ」等)もご担当いただくことがあります。
※2022年度以降、カリキュラムの変更がありえます。
所属:国際コミュニケーション学部 国際教養学科(名古屋校舎勤務)

採用後の職務内容
上記科目の担当の他、専任教員としての職務内容全般を担当していただきます。さらに英語ネイティブ教員とのコーディネーターの役割も担っていただきます。
2.職名および募集人員教授、准教授または助教 1名  勤務形態:常勤(任期なし)
3.応募資格および条件①英語による授業ならびに論文指導が可能な英語力を有すること。
②日本語で業務遂行が可能であること
③アメリカ研究(社会経済)に関連する博士号を取得している、またはそれと同等の研究歴を有していること。
④採用後は、名古屋校舎に通勤可能な範囲(80km以内)に居住することが望ましい。
4.採用予定日2019年4月1日
5.提出書類①履歴書(写真貼付):1通と複写(コピー)3通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
履歴書 書式(Microsoft Excel)
②教育研究業績(学会発表含む):原本1通と複写(コピー)3通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
教育研究業績書 様式(Microsoft Word)
③研究業績のうち主要なもの 3本と複写(コピー)各3通(著書の場合は1冊のみで複写不要)
④教育活動、研究活動、大学運営協力、社会貢献活動に関する自己評価報告書 
※所定の様式なし 原本1部と複写(コピー)3部
※大学での専任教員歴のない方は「研究活動に関する自己評価報告書」及び「大学における教育についての抱負」 A42枚程度
⑤上記のうち「Current American Issues」を含む2科目についてシラバス
※所定の様式なし 原本1部と複写(コピー)3部 
※なお、後日面接の際に、関係書類の提出、採用予定科目について模擬講義を求めることがあります。
⑥応募者について意見を伺える方3名の 氏名と連絡先(住所、電話、メールアドレス)
⑦学位記のコピー、または学位授与証明書等
⑧本人が教えている場面(日本語、英語)を撮ったビデオ(DVDあるいはUSBメモリーで提出)
6.提出期限2018年8月31日(金)(必着)
7.提出先〒453-8777 名古屋市中村区平池町4丁目60番6
愛知大学名古屋教務課長気付
国際コミュニケーション学部長 加納 寛 宛

※封筒の表に『国際コミュニケーション学部教育職員「アメリカ研究(社会経済)」応募書類在中』と朱書の上、書留郵便で送付してください。
8.問い合わせ先愛知大学名古屋教務課  TEL(052)564-6112または、kokusai-saiyo-america@ml.aichi-u.ac.jp (担当者:安田)
9.その他原則として応募書類はお返しいたしません。また応募において提供していただいた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、採用選考以外の目的には使用いたしません。