文字サイズ

教員・職員公募

国際コミュニケーション学部 嘱託助教Ⅱ(英語)の公募について

愛知大学では下記要領にて嘱託助教Ⅱ(英語)を公募いたします。
Available Teaching Positions: Shokutaku Jokyo II (Teacher of English)
1.担当科目および採用後の所属「Basic Communication Skills Ⅰ」、「Basic Communication Skills Ⅱ」、「Developing Communication Skills Ⅰ」、「Developing Communication Skills Ⅱ」、「Intermediate Communication SkillsⅠ」、「Intermediate Communication  SkillsⅡ」、「Advanced Communication Skills Ⅰ」、「Advanced Communication Skills Ⅱ」、「Writing Styles」、「Paragraph Writing Ⅱ」、「Communicative English Ⅰ」「Communicative English II」
※その他関連科目、共通教育科目をご担当いただくことがあります。
所属:国際コミュニケーション学部 英語学科(名古屋校舎勤務)
2.職名および募集人員嘱託助教Ⅱ 1名  
勤務形態:常勤(任期あり) 2019年4月1日(月)〜2020年3月31日(火)
※本学が特に必要と認めた場合は、1年毎に連続4回(最長5年)を限度として更新することがあります。
3.応募資格および条件(a) 英語母語話者
(b) EFL/ESL、応用言語学、英語教育に関する資格を有すること
(c) M.A. あるいはこれに準ずる研究歴及びもしくは教育歴を有するもの
(d) 採用後は、愛知大学名古屋校舎に通勤可能な範囲(80km以内)に居住することが望ましい
4.職務(a) 授業担当責任時間数 2セメスター(2019年4月1日(月)から2020年3月31日(火))、週15時間(90分授業、10クラス)。
(b)嘱託助教Ⅱは前項の授業時間を含め、週当たり合計35時間愛知大学に滞在しなければならない。
(c) 嘱託助教Ⅱは本学との雇用期間中の副業は原則として禁止する。
5.基本給(a) (月額) 450,000 円
(b) 個人研究費は年額200,000円とする。個人研究費は書籍、文具、学会出席などに利用される。
6.赴任手当海外から赴任する場合:海外から赴任する場合は本人の居住地と名古屋(中部国際空港)、大阪(関西国際空港)もしくは東京(成田国際空港)間の往復国際航空運賃(エコノミークラス)を支給する(1回限り)。往復運賃は150,000円を限度とする。さらに空港と本学間の公共交通運賃の実費を支給する。
日本に在住している場合:日本に在住している教員に対しては本人の居住地と新しい居住地までの公共交通運賃を支給する(家族は除く)。本人の居住地の距離に応じて名古屋校舎から80キロ圏内の新しい居住地までの赴任手当を支給する。
7.住居海外から赴任する場合:海外から赴任する場合は、希望すれば住居を提供する。
日本に在住している場合:日本に在住している場合は名古屋校舎から80キロメートル圏内に自分で住居を決めなければならない。
8.社会保険嘱託助教Ⅱは日本私立学校振興・共済事業団(健康保険、その他)に加入するものとし、掛金は加入者と本学が折半して負担する。
9.採用予定期日2019年4月1日(月)
10.提出書類書類選考後面接を行う(面接者には電話、ファックス、あるいはe-mailで連絡する)。
①履歴書(写真貼り付け) (※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
履歴書 書式(Microsoft Excel)
②カヴァーレター
③日本人大学生に対する英語教授法に関する所見
④3名照会できる人のリスト
11.提出期限2018年9月10日(月)(必着)
12.提出先〒453-8777 名古屋市中村区平池町四丁目60番6
愛知大学名古屋教務課長気付
国際コミュニケーション学部長 加納寛 宛

※封筒の表に「国際コミュニケーション学部嘱託助教Ⅱ(英語学科)応募書類在中」と朱書の上、書留郵便で送付してください。
13.問い合わせ先愛知大学名古屋教務課  TEL(052)564-6112 (担当者:安田)
14.その他(a)応募において提供していただいた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、人事選考以外の目的には使用致しません。なお、原則として応募書類は返却いたしません。