文字サイズ

教員・職員公募

愛知大学法科大学院 専任教員(公法・民事法系)の公募について

愛知大学法科大学院では下記要領にて専任教育職員(公法・民事法系)を公募いたします。
1.担当科目および採用後の所属担当科目:「憲法演習」「公法総合演習」「民法演習Ⅰ」「民法演習Ⅱ」「民事法総合演習」「民事訴訟法実務基礎Ⅱ」「法務総合演習」。
なお、「倒産法」、「租税法」、「経済法」、「知的財産法」、「労働法」、「環境法」、「国際関係法(私法系)」のいずれかを担当できることが望ましい。
所属:大学院法務研究科
2.募集人員1名
3.採用予定期日および採用後の資格採用予定期日:2018年4月1日 
採用後の資格:教授、准教授、助教(但し、研究歴・職歴等の状況に応じ任期付の採用とする場合があります。)
4.応募資格および条件(1) 弁護士資格を有する者で、専攻分野における概ね5年以上の実務経験があり、かつ高度の実務の能力を有すること。
(2) 法科大学院担当教員として、必要な業績(採用時までの5年間に担当講義科目の主要部分に関する論文・実務上の経験等の業績があること)
および、採用時点において、法科大学院で通算2年以上の教育経験(非常勤を含む)を有すること
(法科大学院以外の大学・大学院における法学関係の科目に関する教育経験〔非常勤を含む〕の2分の1を上記年数に算入することができる)。
ただし、この要件を満たさなくても、関係科目に関する高度の研究業績(学位論文ほか)等、当該科目に関する教育・研究能力を証する事情が
存する場合には、選考の対象とする。
(3) 年齢は問わない。ただし、本学の現行の定年は70歳。
(4) 採用後は、愛知大学車道キャンパスに通勤可能な範囲(80km以内)に居住すること。
5.提出書類(1)履歴書(写真貼付):原本1通とコピー3通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
履歴書 書式(Microsoft Excel)
(2)教育研究業績書:原本1通とコピー3通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
教育研究業績書 様式(Microsoft Word)
(3)主要な著書・論文(抜刷またはコピー)  それぞれについて同じものを各3部
(4)担当予定授業科目のシラバス(「1.」に示した講義科目)  現物1通とコピー3通
(5)本人が必要と思う場合には、推薦状または特別な資料
(推薦状は原則として厳封の上応募書類に含めること)
(6)教育活動・研究活動・大学運営協力・社会貢献活動に関する自己評価報告書:原本1通とコピー4通
(※本学所定の様式。以下よりダウンロードしてください。)
自己評価報告書 書式(Microsoft Word)
※ 後日、面接の際、採用選考委員会の判断により、採用予定科目についての模擬授業等を求めることがあります。
また、健康診断書の提出を求めることがあります。
6.提出期限2017年11月30日(木)(消印有効)
7.提出先〒461-8641 名古屋市東区筒井2-10-31
愛知大学 大学院事務課長気付  法務研究科長 伊 藤 博 文 宛
※ 封筒の表に「公法・民事法系教員応募書類在中」と朱書の上、書留便で送付してください。
8.お問い合わせ先愛知大学 大学院事務課 法科大学院係 ℡(052)937-8115 (大島・吉田)
※ 特に希望がない場合には、応募書類は返却しません。
9.その他応募に際してご提供いただいた個人情報は、本学「個人情報の保護に関する規程」に従って適正に管理し、人事選考以外の目的には使用致しません。