文字サイズ

経営学部2年田中大地さんが柔道国際大会「アジアオープン香港」の日本代表に選出!

大学全般
本学柔道部にて活躍する経営学部2年の田中大地さんが国際大会「アジアオープン香港」の日本代表に選ばれました。東海地方からは唯一のメンバー入りとなります。

大会は12月1日(土)、2日(日)に香港で開催され、世界約30ヵ国・地域から選手が出場します。
入賞者には世界ランキングのポイントが付与されるため、東京オリンピックを目前にし、各国選手が全力で挑みます。
田中大地さんの活躍に、ぜひ応援をお願いします!

◆「アジアオープン香港」の詳細についてはこちら
国際柔道連盟ホームページ(英語サイト)
https://www.ijf.org/competition/1586



【田中大地さんよりコメント】
柔道は小学校1年生から始めました。大成中学・大成高校に進学し、中学時代は団体戦で全国3位、高校はインターハイ個人・団体ともにベスト8でした。愛知大学に入学して、1・2年生で東海ジュニアと東海学生で優勝したものの、全国大会では1回戦負けという結果でした。
地方の大学に入ったら伸びないと周りから言われ続けており、確かに東海地区では勝てるが全国では勝てない現状にあります。それを打破したい気持ちで愛知大学へ入学したことも理由です。来年は絶対に全国でも勝ち上がっていけることを証明できるよう努めたいと思います。
アジアオープン香港という国際大会に出場するにあたって、自分が外国人選手を相手に、どこまで通用するのか楽しみです。今まで何度か外国人選手と稽古した事があり、その経験を生かして勝利に繋げたいと思います。自分の得意技は袖釣り込み腰と細かな足技です。外国人選手は力が強いため、得意の足技を使って相手を崩して、そこからそで釣り込み腰に繋いで勝ちに繋げたいと思います。国際大会に出場する機会をもらったからには、優勝をめざします。