文字サイズ

産官学連携キャリア育成プログラム「Learning+(ラーニングプラス)」がスタートしました。

大学全般
大学生のキャリア形成支援の具体的な手段として、企業・官公庁と連携し、社会の抱える課題の解決に取り組むプロジェクト型の学び「Learning+(ラーニングプラス)」のキックオフミーティングが5月31日(木)に行われ、2018年度のプログラムがスタートしました。
今年度は238名の学生が参加し、半年間にわたり課題に取り組みます。
過去には「旅行プランがH.I.S.より商品発売」「ささしまライブまちびらきイベント」など、本プログラムで学生が提案した企画が実際に社会で実現をしています。

今年度の実施プログラムは以下の5クラスです。
Class① 名古屋市×愛知大学 次世代を担う大学生が描け!「ナゴヤのミライ」
Class② JAL&H.I.S.×愛知大学 海外ツアー商品企画・開発プロジェクト
Class③ アサヒビール×愛知大学 アサヒビールファン獲得プロジェクト -マーケティング+プロモーション-
Class④ DRIVE TO GO BY TOYOTA×愛知大学 ~クルマがあるからこそ、デキル経験の発信~
Class⑤ 東三河県庁×愛知大学 東三河の暮らしと企業の魅力PRプロジェクト

また、今年度より新たに各クラスの最優秀賞受賞チームによるグランプリファイナルを開催し、もっとも「発信力」のあったチームを決定。同時に、半年間の成長を自身の未来にどのようにつなげるかを考える、キャリアセミナーを開催します。
半年間の歩みを随時ご紹介していきます。