文字サイズ

地域政策学部 地域政策学科 食農環境コース 2018年4月、新設

大学全般
人が生き、地域が活きるために欠かせない3つのこと。
2018年4月、地域政策学部5コース(公共政策、地域産業、まちづくり、地域文化、健康・スポーツ)に加え新たに食農環境コースを新設します。

食農環境コースではその名が示す通り、「食(消費)」と「農(生産)」と「環境(社会・自然)」を一体のものとして学び、活力ある地域づくりに役立てる方法を考えます。
食料・食品の消費は人間生活の基盤であり、それは農業・水産業をはじめとする生産・加工・流通によって支えられています。
これらは、法制度や国際経済などの社会システム、農地や水資源といった自然環境の中で営まれています。
本コースでは理系の学びも取り入れて食・農・環境の基礎を理解し、これら三者の矛盾ない関係について考えを深めます。加えて学部共通の科目群や他コース科目も幅広く学び、本コースで得た知見を地域課題の発見と解決に活かす力を養います。
卒業後の進路は、地域政策学部の強みである公務員や金融業に加え、農業・水産業に関わる企業・団体、農業・水産業従事者、食品や飲料の製造・流通・サービスに関わる企業など、幅広い分野が想定されます。

詳細のパンフレットはこちら