文字サイズ

【開催報告】ICCS講演会「中日国交正常化45周年記念講演」が開催されました

研究・シンポジウム
 愛知大学ICCS講演会「中日国交正常化45周年記念講演-一帯一路と中日関係-」(共催:中部日本華僑華人連合会、中部日本華僑華人婦女連合会読書会、中部日本華僑
華人工商聯誼会)が2017年11月4日(土)に本学名古屋キャンパス本館(研究棟)20階会議室にて開催されました。中華人民共和国駐名古屋 鄧偉総領事をお招きし、「中国共産党第十九回全国代表大会と“一帯一路”及び中日国交正常化45周年」について講演をいただき、100名をこえる参加者がありました。
 鄧偉総領事は、①「中国共産党第十九回全国代表大会」について、中国の特色ある社会主義新時代に入った理由、習近平による新時代中国の特色ある社会主義思想の中身、
社会の主な矛盾に見られる変化、中国の特色のある大国外交の構図などについて、②「一帯一路」について、ユーラシア大陸を横断し、ヨーロッパ、アフリカにつながる巨大なプロジェクトであること、③「中日関係」について、国交正常化以後の45年間の歩みを中部地域との交流を交えながら、中日の直面している問題点および解決策についてご講演されました。
 参加者からも質疑がなされ、総領事のお話を直接うかがう貴重な機会となりました。