文字サイズ

愛大生のライフスタイル


ある一日のタイムスケジュール

07:30 起床
08:50 通学
自転車で通学しています。家から学校まで約15分で着きます。
09:20 1限 講義 GIS演習Ⅱ
地域政策学部の看板講義であるGIS(地理情報システム)をGIS関連授業専用のGIS実習室にて一人1台パソコンを使って学んでいます。


11:00 空き時間 地域貢献事業打ち合わせ
この日は今年度の地域貢献事業への企画申請のため、1年間の活動内容や予算などの計画を考えました。


12:30 昼休み
13:20 3限 ゼミ
ゼミでは政策コンペに参加するために、誇りあるまち、住みやすいまちとは何かについてみんなで研究を進めています。


15:00 4限 講義
17:00 アルバイト
飲食店で週4日5時間働いています。アルバイトの仲間とご飯に行ったり、遊んだりと楽しく働いています。
22:00 帰宅
スーパーで買い出しをしてご飯を作ります。だんだん料理のバリエーションも増え、自分なりのこだわりもできました。
また、講義の予習復習をしてから寝るように心掛けています。
23:00 就寝

暮らしのDATA

出身地・現住所

出身地:岐阜県関市
現住所:愛知県豊橋市

生活費・収支

<収入>
アルバイト代 80,000~100,000円

<支出>
家賃 30,000円
食費 20,000円
交通費 0円
光熱費 電気2,000~3,000円 ガス4,000~6,000円 水道1,500~2,000円
その他 1,000円

食事

昼食は生協かコンビニで購入し学生自習室で食べています。
朝・夕食は自炊しています。

部屋

3階建て
1K(7畳)
映画館や飲食店が多いエリアで、大学と家の間に大きなスーパーがあるのでとても生活しやすいです
学生アパートではありません

空き時間の過ごし方

<休みの日>
アルバイト、地域貢献活動、趣味など
趣味はまち歩きで、商店街を歩くと「ここにこんなお店があったんだ!」など、新しい発見の連続です。

<空き時間>
地域貢献活動の打ち合わせ

一人暮らしのメリット

学校に近いため、時間に余裕ができる
休みの日には豊橋市や田原市などへボランティアに行きやすい
自分のライフスタイルを作ることができる

一人暮らしのデメリット

時間に余裕ができる分、生活のリズムを自分でしっかり整える必要がある
家賃や光熱費を自分で支払っているので、お金の使い方により気を付けなければいけない

豊橋キャンパスのよいところ

豊橋鉄道渥美線愛知大学前駅を降りてすぐのところに豊橋キャンパスがあります。緑が多くゆったりとした時間が流れています。広大な敷地にキャンパスやグラウンド、馬術部の厩舎もあったりします。春になると桜が咲き誇り、とてもきれいなところです。

頑張って取り組んでいること

地元である岐阜県関市のホームページを見たときに、「まちづくり市民会議」の募集がされていました。私自身、地域政策学部のキャンパスがある豊橋市をはじめ、隣接する田原市や東栄町など東三河地域でいろいろな活動、ボランティアを行っていました。地元でも地域のために何か活動をしたいと思い、市民会議に応募しました。 現在は月に1度、地元の岐阜県関市に戻り、「まちづくり市民会議」に参加しています。市民会議では、どうしたら関市を愛してもらい、誇りに思ってもらえるかを教育の視点から考えています。様々な年齢の方と関市について意見を出し合い、話し合いができる貴重な体験を通して、自分自身も成長できればと思っています。