文字サイズ

厚生施設

白樺高原ロッジ

白樺高原ロッジとは

白樺ロッジ
キャンパスを離れてゼミ合宿、クラブ・サークル合宿、新しい仲間との語らいの場に最適な白樺高原ロッジ。高原と美しい湖にかこまれたロッジは、学生、卒業生、友人、学生のご父母など、愛知大学に関わるすべての方々にご利用いただけます。ロッジを起点にして、スキーやゴルフ、ハイキングなど年間を通して、さまざまなスポーツ、レジャーをお楽しみください。
白樺高原ロッジ案内チラシ

周辺の観光スポット

その他の周辺施設

  • 女神湖周辺
    ・女神湖(カヌー・カヤック、観光ボート)
    ・長門牧場(乗馬、バター・チーズ・アイスクリーム作り)
    ・テニス
    ・パターゴルフ
    ・サイクリング
    ・釣堀 他
  • 白樺湖周辺
    ・白樺リゾート池の平ファミリーランド
    ・白樺湖温泉すずらんの湯 他
  • スキー場
    ・しらかば2in1スキー場
    ・白樺湖高原スキー場
    ・エコバレースキー場 他
  • その他
    ・ビーナスライン
    ・霧ヶ峰高原
    ・諏訪湖 他

施設内容

建物総面積 1,338㎡ 収容人数52名
共用室
ミーティングルーム・・・1室 46㎡(最大27名収容)
20人程度のゼミ合宿でのセミナールーム。
クラブ・サークルのミーティングや会議にぴったりの部屋サイズです。
交流サロン・・・162㎡(最大43名収容)
素敵な交流を紡ぎ出すサロン。
洒落た会話が似合うロッジならではの暖炉がポイントです。
ダイニングルーム・・・1室 121㎡(最大50名収容)
採光のよいダイニングルーム。
ゆったりとした雰囲気の中で楽しく食事して頂けます。
時間外は、ゼミ、会議等での利用も可能です。
宿泊室
Aタイプ(1階)
洋室に畳スペースをプラス。
和洋感覚を同時に楽しめます。
5名までのご宿泊が可能です。
5室各室4~5人収容、洋室と和室で40㎡、バス・トイレ・暖房付。
Bタイプ(2階)
洋室に和風の中2階があります。
なごやかな団欒ムードに・・・。
5名までの宿泊が可能です。
5室 各室4~5人収容、洋室36㎡と畳敷きのロフト14㎡、バス・トイレ・暖房付。
シングルルーム
2室 各室1名収容、洋室14㎡、バス・トイレ・暖房付。

利用者の対象範囲と利用料金等

(2014年4月1日改定)
区分対象1人1泊2食付 利用料金(10月~5月は暖房費500円含む)確認方法
6月~9月10月~5月
本学学生大学院生、専門職大学院生、学部生、短期大学部生3,000円3,500円学生証等の本学身分証明書を提示。
※提示が無ければ「本学関係者」扱いとなります。
上記以外の
本学学生
研究生、科目等履修生、オープンカレッジ生、孔子学院生5,000円5,500円
本学関係者・本学後援会会員及びその家族
・本学同窓会会員及びその家族
・本学教職員及びその家族
・大学間連携協定を結んでいる国内の大学の教職員及び
 その家族並びに学生
5,000円5,500円利用者の申告による。
(○○会員、○○会員の家族、等)
※大学間連携協定による利用は、学生証等身分証明書を提示。
その他本学学生及び本学関係者に同行する知人及び友人6,000円6,500円利用者の申告による。

利用について

  • 10歳未満は半額、3歳未満は無料です。
  • 利用料金には朝食、夕食を含みます。
  • 夕食に特別食の追加(1,000円増)を希望する場合は予約時に申し込んでください。
  • チェックイン14:00、チェックアウト10:00です。
  • 洗面用具、風呂用品、パジャマは各自持参してください。
  • 利用料金の支払いは、ロッジでの現金精算となります。
  • 利用日数は、原則1回の利用につき3泊4日までです。
    ただし、利用最終日において以後の予約が無いときは延長可能です。

予約の申し込み方法

  1. 予約は利用者が直接ロッジに申し込んでください。電話で予約する場合は、9時から18時の間に電話してください。学生の男女同室の宿泊は認めていないため、在学生は申し込みの際男女別人員を伝えてください。
  2. 利用予約は、利用日の5ヵ月前から受け付けます。(7月19日から9月20日までの利用予約は、ゼミ等本学の授業に係わる利用の場合、利用日の3ヵ月前から、その他(クラブ活動等の利用を含む)については、利用日の2ヵ月前から受け付けます。)
予約のキャンセルと取消料
利用開始日から3日前までに利用予約を取り消したときは、食事等準備の関係上、1人あたり1,000円の取消料を徴収します。取消料は団体利用者の一部の者がキャンセルした場合は、その団体が現地での利用料支払いの際に徴収します。利用申込者全員がキャンセルした場合は、人数分の取消料を指定の銀行口座に振り込んでいただきます。 なお、ロッジ指定の口座(振込先)は、ロッジに直接問合せてください。

アクセス

アクセス

JR中央本線西線 名古屋駅
 ↓ (約2時間)
塩尻駅乗換中央本線東線
 ↓ (約20分)
茅野駅 
 ↓(諏訪バス約50分)
東白樺湖
 ↓(タクシー約10分)
白樺高原ロッジ
名古屋
 ↓(中央自動車道)
諏訪IC
 ↓
茅野
 ↓(R152大門街道)
白樺高原ロッジ
ゼミ合宿やサークル合宿などでは、貸切バスの利用も可能です。
問合せ:愛知大学生協旅行カウンター(豊橋) TEL (0532)46-6113

申し込み・問合せ

所在地〒384-2309 
長野県北佐久郡立科町大字芦田八ヶ野字
蓼科牧場西1079-2
申し込み・問合せ先TEL (0267)55-7111
FAX (0267)55-7173

学生会館、サークル棟、厚生棟 他

学生会館及びサークル棟には、以下の施設があります。 学生会館及びサークル室の運営のうち、学生自治の本旨に反しないものについては、学生の自主と責任に任されています。
学生会館、サークル棟、厚生棟等一覧
キャンパス施設名部室数等
豊橋逍遥館生協(食堂・購買書籍)等
学生会館大ホール、会議室等、 貸ロッカー(約750)
第1サークル棟サークル室57室
第2サークル棟サークル室57室
体育館棟内道場3、サークル室15室
梢風館ラウンジ、サークル室15室
名古屋グローバルコンベンションホール 1階カフェ
講義棟 1階フードコート、コンビニ、カフェ、生協購買
厚生棟 1階キャンパスレストラン
厚生棟 6階アリーナ(体育館)、フィットネスルーム
厚生棟 7階音楽スタジオ6室、武道場、多目的競技室2室、和室
厚生棟 8階~10階サークル室71室、会議室3室

名古屋校舎蟹江グラウンド

名古屋キャンパスの屋外運動施設として、「愛知大学名古屋校舎蟹江グラウンド」(近鉄「富吉駅」徒歩約10分)を利用することができます。利用希望者は、名古屋学生課に来てください。
愛知大学名古屋校舎蟹江グラウンドの詳細はこちら

合宿所

合宿所は、演習(ゼミ)、クラブ・サークル等各種団体の活動の場として、年間を通して多くの学生に利用されています。
利用を希望する団体(5名以上)は、それぞれの豊橋学生課窓口に申し出て所定の手続きをしてください。利用申込みは、利用日の3ヶ月前から先着順で受付けています。3日前までに申請書を提出してください。原則として、利用当日の利用申込は受け付けていません。
利用にあたっては、豊橋学生課の指示に従ってください。
飲酒をはじめ、掃除等の不備や喫煙、利用者名簿の虚偽記載、無断キャンセル、騒音などの近隣への迷惑行為、その他で利用違反をした場合は、利用停止等のペナルティを課す場合があります。

豊橋キャンパス総定員90名、12室

宿泊施設の利用補助

ゼミナールやクラブ・サークル活動などで、原則5名以上のグループが学外の宿泊施設を利用する場合、申請により大学から補助金(1人1泊あたり1,000円)が支給されます。この補助は、施設を限定せず全国どこでも対象にしています。ただし、白樺高原ロッジは対象外とします。なお、1人年間5泊を限度とします。

利用申込方法

  1. 宿泊をともなう行事実施の5日前までに、「宿泊施設利用申込書(兼行事届)」及び「日程表」を学生課窓口に提出してください。
  2. 施設利用後、1人1,000円以上支払ったことを証明する「領収書」及び「行事終了報告書」を学生課窓口に提出してください。

愛知大学東京霞が関オフィス

複数の地下鉄が乗り入れており、都内及び関東各地への好アクセスが可能です。オフィスには、専属職員が配置され、会議スペース、パソコン、コピー、FAX、プロジェクター、スクリーン等が設置されています。
学生の皆さんには、首都圏における就職活動の拠点として、企業情報提供、面談指導、地理・交通案内、資料作成スペース提供などのサービスを行っています。利用条件等の詳細については、直接お問い合わせください。

名古屋市博物館 大学パートナーシップ

愛知大学は、名古屋市博物館の大学パートナーシップ事業に入会しており、入館の際に学生証を提示することで、同博物館の常設展及び特別展を無料で観覧できます。
※民間企業等との共催展は、対象外の場合があります。

【参考情報】(2017年10月現在)
住所名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
開館時間午前9時30分~午後5時00分(入場は午後4時30分まで)
休館日毎週月曜日(休日の場合は直後の平日)、
第4火曜日(休日を除く)、
年末年始(12月29日~1月3日)
アクセス地下鉄桜通線桜山駅下車、4番出口から徒歩5分又は市バス金山14号系統(桜山経由)、市バス栄26号系統「博物館」下車

愛知大学生活協同組合

愛知大学生活協同組合(生協)は、協同の精神に基づき組合員の生活文化の向上を目的に、愛知大学内の学生・教職員により構成、愛知大学との協力のもとに運営されています。
生協は、食事(食堂、テイクアウトなど)の提供や教科書、書籍、文具、日用雑貨品などの販売、自動車学校、国内旅行、各種資格などの斡旋や共済事業など幅広い事業活動を行い、学生の豊かなキャンパスライフ創りをサポートしています。
生協の利用のためには出資金を払い組合員になることが必要です。この出資金は卒業時に全額返還されます。又、生協加入時に共済にも加入できます。