成績評価、進級及び課程の修了

成績評価、進級及び課程の修了
[ 3年間の学びと流れ ]
3年間の学びと流れ
専門職大学院の試験及び成績評価に関する規程(抜粋)
第1章 総則
【成績の評価方法】

第3条 成績の評価は、次のいずれかによる。
1.総合評価―定期試験(追試験及び修了再試験を含む。この条において以下同じ。)にその他の成績(臨時試験、臨時レポート及び平常の学習状況等)、あるいは出席状況などを加え総合的に評価
2.試験評価―定期試験で評価
3.平常評価―平常の学習状況などで評価

第5章 進級制度
【進級の要件】

第19条
法科大学院にあっては、各年次の必修科目(選択必修科目を除く)のうち、未修得の単位数が4単位を超える場合は、進級することができない。

第7章 成績評価
【成績評価の基準】

第27条 成績評価の基準、評語は次のとおりとする。

判定評価内容(評価の目安)
合格
S
特に優れた学修成果を示したもの(100点~90点)
A
優れた学修成果を示したもの(89点~80点)
B
平均的な学修成果を示したもの(79点~70点)
C
合格と認められるに必要な最低の学修成果を示したもの(69点~60点)
不合格
F
学修成果が合格に及ばなかったもの(出席不足、59点~0点)
未受験
試験を受験しなかったもの

2.合格又は不合格で判定する科目については、合格をGと表示する。
3.認定した単位については、成績評価を行わずNと表示する。
愛知大学専門職大学院学則(抜粋)
第4章 試験、進級及び課程の修了
【修了の要件】

第34条
法務研究科の修了の要件は、3年以上在学し、かつ、108単位以上を修得することとする。
2.修了に関する規定は、別に定める。

【在学期間の短縮】
第35条
前条の規定にかかわらず、入学前の既修得単位について認定された者については、当該単位の数に相当する1年を超えない範囲の期間在学期間を短縮することができる。

(参考)
修了に必要な単位

(内訳)
1.法律基本科目・・・・・・・・72単位(必修72単位)
2.実務基礎科目・・・・・・・・10単位(必修8単位・選択必修2単位)
3.基礎法学・隣接科目・・・・・4単位(選択必修4単位)
4.展開・先端科目・・・・・・・12単位(選択必修12単位)
5.法律基本科目、実務基礎科目、基礎法学・隣接科目及び展開・先端科目の中から・・・・・・10単位以上
(合計)108単位以上