<3/23>古文書が語る豊橋・渥美―愛大郷土研所蔵文書から―

日時:2019年3月23日(土)13時~14時30分
テーマ:古文書が語る豊橋・渥美―愛大郷土研所蔵文書から―
講演1:愛大郷土研所蔵文書の集積
講師:山田邦明(愛知大学綜合郷土研究所所長、文学部教授)
講演2:文書からみた豊橋・渥美の近世・近代
講師:神谷 智(愛知大学綜合郷土研究所所員、文学部教授)
場所:愛知大学豊橋校舎2号館2階221教室

講演会終了後、展示解説を行います。
14時45分~15時15分(来場者数により終了時刻が変わる可能性があります。)
豊橋校舎大学記念館展示室


入場無料/予約不要 どなたでもご自由に参加できます。

愛知大学綜合郷土研究所には、長年にわたり収集された5万点を超える古文書があり、
一点ごとに所見をまとめたデータベースを作って公開し、冊子目録も刊行する事業を進め
ています。まずは三河国渥美郡(田原市域と、豊橋市域の朝倉川以南)にかかわる古文書
を対象とし、面白い発見もありました。講演会ではこれまでの成果の一端を紹介し、豊橋・
渥美の歴史に迫ります。


チラシ.pdf