• http://www.aichi-u.ac.jp/nyushi
文学部 心理学科 2018年4月、新設
豊富な実験・実践を通して人間行動の不思議に迫る。
心理学とは、人の行動を科学の目で分析し、それを実践に活かすための理論であり技術です。この専攻では、心理学上の理論を学ぶとともに、さまざまな実験・実践などを通して人間行動の謎を解き明かします。基礎を身につけたあとは「認知心理学」「行動心理学」「発達・教育心理学」「臨床心理学」「比較心理学」「産業・健康心理学」といった領域に分かれ、専門性を深めます。
心理学科

心理学科 カリキュラム

心理学科 カリキュラム

専門教育科目ピックアップ

文学部 教授 鎌倉 利光
発達心理学
生涯にわたって発達する人間の心理とは。

文学部 教授 鎌倉 利光

かつて人間の成長は、青年期にピークを迎えその後は老化していくと考えられていました。しかし、その後、「人間は一生涯発達し続ける」と考え、乳幼児期から老年期までの各年齢段階の発達課題を想定したのが、エリクソンの心理社会的発達理論です。発達心理学では、人間の生涯にわたる心身の発達の諸相と共に、その発達に影響する諸要因の寄与率を解き明かします。とりわけ人間の発達における遺伝と環境的要因の寄与率の解明は、重要なテーマの一つです。近年の研究では、たとえば、青年期における人間のパーソナリティに関して、環境的要因の影響だけでなく、遺伝的要因の影響も無視できないことが解明されています。授業ではエリクソンやピアジェ等の理論を中心に、各年齢段階における心身の発達について主に学びます。発達心理学は学校教育にも深く関わる学問であり、この授業は教職課程の選択必修科目となっています。

心理学科 トピックス

人間のこころに迫る教育と実践。
公認心理師について


公認心理師とは、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析、(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助、(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助、(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を業とする者をいいます。2015年9月に公認心理師に関わる国家資格法案が成立しました。これまで臨床心理士の有資格者を多数輩出している本学文学部心理学コースでも、本国家資格の大学院受験資格を得るために学部教育カリキュラム環境を整えています。今後教育、福祉、医療、企業等の現場で活躍でき、実践に強いこころの専門家養成に力を入れていきます。
公認心理師の資格取得方法
国際コミュニケーション学部 国際教養学科 2018年4月、比較文化学科から国際教養学科に名称変更
「異文化理解を通して国際コミュニケーション能力を習得し、自国文化についての知見をもちながら、国際的な場で活躍できる人材」を養成する国際教養学科
愛知大学設立趣意書にいう「国際的教養と視野をもった人材の育成」という建学の精神を具現化するため、一貫して今日の「多文化状況」のなかで「国際社会において文化の側面に強みを持って活動ができる人材」の育成に取り組んできました。そこで、比較文化学科は、「異文化理解を通して国際コミュニケーション能力を習得し、自国文化についての知見をもちながら、国際的な場で活躍できる人材」を養成するという社会的要請に応えた本学科の教育研究上の目的を、「多文化状況」に対応した学際的カリキュラムを特徴とする学科の実像を明確に示しつつ、社会に対して学科の理念・目的を適切にアピールするためには、名称として「国際教養」を用いることがより相応しいと考えました。 国際コミュニケーション学部国際教養学科(変更後の名称)は、同学部比較文化学科(変更前の名称)と変わることなく、異文化理解を通して身に付けた教養、自国文化についての知見、さらにそれらに裏打ちされた国際コミュニケーション能力を備え、国際的な場で活躍できる、「国際的教養と視野」をもった人材を養成することをめざします。

自らの知的関心・興味や将来の専門的活動分野等に応じて、2年次に選択する3つのコースと、3つの専門理論研究領野を柱として、専門知識の系統的な修得をめざします。 また、所属するコース以外の科目も単位修得ができ、幅広い学びが可能です。
コース
国際教養学科
地域政策学部 地域政策学科 食農環境コース 2018年4月、新設
食の生産と消費を見つめ地域活性化につなぐ。
国際的な食料問題、わが国の食料自給率の低下、食の安全をおびやかす生産・流通上の問題、農業後継者不足や農地減少による生活環境・自然環境の悪化、さらに子どもの孤食化まで、食料の生産・消費をめぐる問題は多様化・複雑化しています。新たに誕生する「食農環境コース」では、こうした問題の解決につながる地域政策の立案・遂行を通して、農業や水産業を新たなコミュニティビジネスへと発展させ、ひいては地域活性化に貢献できる人材の育成をめざします。豊橋キャンパスがある東三河および遠州地域は全国でも有数の農業生産地です。この恵まれた環境を舞台として、農業の多様性と、環境維持をはじめとする農業の多面的な機能への理解を深めます。

食農環境コースの関心領域

コース
食農環境コース