文字サイズ

見出し

教育・研究

授業改善(FD)

附属機関

図書館

場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス・車道キャンパス
一般書から雑誌、専門性の高い学術書籍まで、私立大学としては有数の約175万冊の蔵書を誇ります。特に中国・アジア関係の文献には希少価値のあるものも多く、各種の文庫や東亜同文書院調査旅行報告書などのコレクション類も所蔵されています。また、オンラインによるOPAC検索(蔵書検索)、国内外の各種データベース検索などICT(情報通信技術)を駆使した環境も整っています。

国際問題研究所

国際問題研究所
設立:1948年6月24日
場所:名古屋キャンパス
国際的視野を重視する建学の精神に基づき創立直後に設立された、69年の歴史を有する研究所。中国をはじめとするアジアと欧米などを対象にして、国際関係や特定の国の政治、経済、文化、思想、歴史および国際機関などについて研究しています。

綜合郷土研究所

綜合郷土研究所
設立:1951年6月11日
場所:豊橋キャンパス
本研究所は本学の建学の精神の1つである「地域社会への貢献」を具現化するために設立され、主に東海5県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)を研究フィールドとし、社会学、歴史学、地理学、文学、民俗学など多面的な見地から総合的で学際的な研究を進めています。また、古文書、絵図・地図、考古遺物など貴重な史資料を収集し、所蔵しています。

中部地方産業研究所

中部地方産業研究所
設立:1953年3月1日
場所:豊橋キャンパス
東海地域は、自動車関連産業を中心とする工業地帯であり、豊川、矢作川、木曽川などの流域は日本有数の農業地帯となっています。また、南は三河湾、伊勢湾に面し、北は森林地帯が広がる豊かな自然や文化に恵まれた地域です。本研究所は、同地域の行政・産業・社会の動向や課題などを実証的に調査・研究しています。その研究成果は、各界から高い評価を受けています。

経営総合科学研究所

経営総合科学研究所
設立:1962年4月1日
場所:名古屋キャンパス
本研究所は当初、「経営会計研究所」として企業経営・会計経理の理論と実務の研究、企業経営の指導、実務家の養成を目的に開設されました。その後、目まぐるしい社会情勢の変化に対応して多様化した経営学研究をさらに発展させる立場から、1990年に名称を変更し現在に至っています。

人文社会学研究所

人文社会学研究所
設立:2015年4月1日
場所:豊橋キャンパス
学内外の研究者を組織し、人文社会学の諸領域に関する基礎研究の推進を可能ならしめるため、2015年4月に文學会を改組して設立されました。科学技術の進展と経済システムの高度化に伴い、地球規模で生じている、より根源的で新しい問題に挑戦し、既成の学問領域を組み替えるための研究に取り組み、その成果を発信しています。

国際中国学研究センター(ICCS)

国際中国学研究センター(ICCS)
設立:2002年10月1日
場所:名古屋キャンパス
現代中国学の国際的研究機関として、文部科学省「21世紀COEプログラム」の採択を受けて設立後、国内外の大学・研究機関と連携し、現代中国学の国際学術ネットワークのハブセンターとなることを目指し、研究活動を行っています。

三遠南信地域連携研究センター

三遠南信地域連携研究センター
設立:2004年10月1日
場所:豊橋キャンパス
愛知・静岡・長野の県境(三遠南信)地域を対象とした地域政策研究機関です。同地域の特性は行政境界を跨いだ越境地域政策を推進していることで、全国的な地域政策モデルとなっています。2013年からの6年間は文部科学省「共同利用・共同研究拠点」制度で、我が国唯一の「越境地域政策研究拠点」に認定され、全国研究フォーラムや国内外の大学に対する公募研究等の共同研究体制を形成しています。

一般教育研究室

一般教育研究室
場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス
各キャンパスで一般教育を担当している教員が所属し、 教育研究、教育サポートを行っています。

語学教育研究室

語学教育研究室
場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス
英語をはじめ多様な外国語の参考図書、検定試験用の問題集、DVDなどの映像資料を豊富に取り揃え、自主学習に最適な環境を整えています。またe-learningによる英語・中国語の学習も無料で利用できます。大学からはもちろん、自宅からの接続も24時間可能ですので、好きな時間にじっくりと学習に取り組むことができます。

体育研究室

体育研究室
場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス
学生の体育教育を支援し、教員の教育研究活動を支援することを目的として名古屋及び豊橋キャンパスに「体育研究室」を設置しています。 本学の学生・教職員にとどまらず、地域の市民の方も対象とした講演会やスポーツ公開講座も行っています。

中日大辞典編纂所

中日大辞典編纂所
設立:1955年4月1日
場所:名古屋キャンパス
"日中友好の橋、学術交流の船"と称される『中日大辞典』の編纂は、愛知大学と中国との深い関わりを象徴するものです。創設以来、東亜同文書院の伝統を継承する中国研究、中国語研究の成果の一端を『中日大辞典』として公表。2010年に大改訂を経て、第三版が刊行されています。2012年にはWeb版『日中語彙研究』を創刊しています。

学習・教育支援センター

学習・教育支援センター
場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス
学生の学習活動及び教員の教育活動を支援し、大学教育の充実と発展に寄与することを目的として、名古屋及び豊橋キャンパスに「学習・教育支援センター」を設置しています。学生の学習支援においては、各学部の教員や教学部門の職員が、学習上の疑問・質問・心配事に対して一緒に考え、サポートしています。

教職課程センター

教職課程センター
場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス
教員をめざす学生のために、教員としての資質や能力を向上させる学習支援や教員採用試験の対策、教育委員会や学校と連携した教職インターンシップ等の小・中学校体験派遣を行い、教員になる夢をかなえるサポートを行っています。また、講師の登録・紹介、教職に関する学習や進路の相談にも力を入れています。

情報メディアセンター

情報メディアセンター
場所:名古屋キャンパス・豊橋キャンパス・車道キャンパス
3キャンパス合計で約1,100台のパソコンがあり、授業以外にも、課題レポートや卒業論文・研究の作成、資格取得講座等に幅広く利用されています。

東亜同文書院大学記念センター

東亜同文書院大学記念センター
設立:1993年5月30日
場所:豊橋キャンパス
国の登録有形文化財に指定された築109年の大学記念館(本学と本学のルーツ東亜同文書院史資料、孫文と山田良政・純三郎関係資料を常設展示)に設置されています。2006年に「センターの情報公開と東亜同文書院をめぐる総合的研究の推進プロジェクト」、2012年に「東亜同文書院を軸とした近代日中関係史の新たな構築」研究プロジェクトが、文部科学省より各5年間の競争的資金(補助金)に採択され、研究実績と公開事業が評価されています。

国際ビジネスセンター

国際ビジネスセンター
設立:2012年9月3日
場所:名古屋キャンパス
国際ビジネスセンター(International Business Center 略称:IBC)は、建学の精神である「国際的教養と視野をもった人材の養成」「地域社会への貢献」の具現化に向け、産官の協力団体等と連携を図りながら、ビジネス支援を通じた「地域社会の国際化」促進に取り組んでいます。

エクステンションセンター

エクステンションセンター
場所:車道キャンパス・豊橋キャンパス
本学の持つ研究・教育機能を広く社会に開放するための機関です。オープンカレッジと孔子学院を運営しており、社会人、主婦、学生など年齢や業種を越えて多くの方に受講していただいています。