文字サイズ

人文社会学科

人間とは何か。社会とは何か。その本質を見つめ、次代を予見する。

愛知大学の文学部人文社会学科は、文学・語学はもとより、哲学・社会学・歴史学・地理学・芸術学まで広いラインナップを持つ総合型文学部です。1年次は学部共通の基礎を学び、2年次からはコース・専攻に分かれ、人類が築き上げてきた人文・社会科学分野の学問研究を通し、その教養とともに人間や社会に対する洞察力を磨きながら、論理的に考える力や考えを正しく表現する力を養います。

トピックス

気軽に交流できるLanguage Café。

リラックスした雰囲気で多様な言語や文化に触れる。

ネイティブスピーカーの教員と気軽に交流できる、自由参加のコミュニティスペースが「Language Café」です。お昼休みや授業後に集まって、ランチやお菓子を食べながらリラックスした雰囲気で会話を楽しみ、さまざまな国の人との交流を通じて生きたコミュニケーションスキルを養うとともに、多様な言葉や文化、価値観への理解を深めます。クリスマスやハロウィンにはイベントを開催し、仮装パーティや映画鑑賞を行います。他にも、自由な雰囲気を活かしたコミュニケーションスキルの授業が行われたり、学生の留学体験発表など、フレキシブルに利用できるのが特長です。


12専攻で柔軟に学ぶ5つの専門コース

世界の文化とその表現に迫る。
現代文化コース

現代社会を自由な切り口で研究。
社会学コース

時間と空間を通して人と社会を見る。
歴史・地理学コース

古典文学からCool Japanまで。
日本語日本文学コース

言語を通して世界の文化を学ぶ。
欧米言語文化コース

専門演習紹介

武田ゼミナール

社会を広く見つめ、あらゆる事象を捉える力を。
担当教員:文学部 教授 武田 圭太

キャリアを通した人間の成長を「個人の視点」で研究する。
人間がどのように成長しパーソナリティを形成するのかを、生涯キャリア発達に注目し、主に産業・組織心理学の観点から研究しています。研究テーマの一つ「ふるさとの心理」を例にお話ししましょう。ふるさとを離れても「いずれは地元に帰って働く」と考える人は少なくありません。とくに長男にその傾向が強く、かつての家制度が今なお現代人の意識に根強く残っていると考えられます。このふるさと意識がキャリア形成に及ぼす影響を調査研究していますが、私は対象者の生育環境などを含めたライフ・ヒストリーを重視しています。日本の風土や文化を背景に日本人の生涯キャリア発達を解明しようとすると、ふるさとの例でもわかるように、日本の事例は欧米の心理学の理論が通用しない部分もあり、未開拓の分野を探ることが研究の醍醐味でもあります。

ゼミナール・ダイジェスト

国際化が進展する時代だからこそ日本語力の必要性を再発見する。
本ゼミでのテーマ選定は、まったく自由。「日本人の同調性と組織性の相関関係」「嫉妬生成と性別」「ネット(SNS)使用時の攻撃性の変化」など多彩なテーマの中から、今回は「読書への意欲と読書が国語能力にもたらす影響」についての発表が行われた。グローバル化に伴い外国人旅行者や外国人労働者が増加する現代、外国人との共生は重要なテーマ。そこには外国語だけでなく、確かな日本語力も必要になるというのが研究の背景だ。まずは読書好きと読書嫌いの分化点について実施したアンケート調査の報告から。「身近に読書好きが多いほど読書への好感度は高く、読書好きな人ほど子どもの頃、読み聞かせを経験していることがわかりました」。では読書は国語力にどの程度影響をもたらすのだろうか。「国語(現代文)が得意な学生は読書好きなイメージがあります」。読書と国語力の相関関係についての調査報告が発表された後、「読書量と読解力については正の相関関係が成り立っていますが、書く力と比例していない要因は?」という質問や、「マンガは読書に含むべきでないとの考え方がありますが、質の高いマンガもあるため考慮すべき」といった意見が出された。「読書量だけでなく、どのような本をどの程度読み込んだのかという質の部分にも言及すると、さらに論文の精度が高まるね」と武田先生。発表者から「今回の調査では小説や学術書、自己啓発系の書籍を活字の本として扱いましたが、もっと細分化すれば別の結果が出たかもしれません」と補足があった。別の学生から「小説の中でも、ミステリーやライトノベルなど種類によっても差が出るのかもしれませんね」との意見も。最後に武田先生が「せっかく平均値を出しているので、有意差検定※までやること。また、読書量と読解力、書く力との関係性を再度見直すと、新しい結論が見つかる可能性があるね」と総括した。
※2組のデータの平均値の差が誤差の範囲内であるかどうかを検査すること。


免許・資格一覧

※1佛教大学への学費が別途必要です。
※2対応専攻/社会学専攻
資料請求はこちらから