文字サイズ

心理学科

豊富な実験・実践を通して人間行動の不思議に迫る。

心理学とは、人の行動を科学の目で分析し、それを実践に活かすための理論であり技術です。この学科では、心理学上の理論を学ぶとともに、さまざまな実験・実践などを通して人間行動の謎を解き明かします。基礎を身につけたあとは「認知心理学」「行動心理学」「発達・教育心理学」「臨床心理学」「比較心理学」「産業・健康心理学」といった領域に分かれ、専門性を深めます。

トピックス

人間のこころに迫る教育と実践。

公認心理師について

公認心理師とは、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術を持って、(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析、(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助、(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助、(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を業とする者をいいます。2015年9月に公認心理師に関わる国家資格法案が成立しました。これまで臨床心理士の有資格者を多数輩出している本学文学部心理学科でも、本国家資格の大学院受験資格を得るために学部教育カリキュラム環境を整えています。今後教育、福祉、医療、企業などの現場で活躍でき、実践に強いこころの専門家養成に力を入れていきます。


入学試験からの流れ

入学試験からの流れ

心理学科 カリキュラム

専門教育科目ピックアップ

発達心理学

生涯にわたって発達する人間の心理とは。

かつて人間の成長は、青年期にピークを迎えその後は老化していくと考えられていました。しかし、その後、「人間は一生涯発達し続ける」と考え、乳幼児期から老年期までの各年齢段階の発達課題を想定したのが、エリクソンの心理社会的発達理論です。「発達心理学」では、人間の生涯にわたる心身の発達の諸相とともに、その発達に影響する諸要因の寄与率を解き明かします。とりわけ人間の発達における遺伝と環境的要因の寄与率の解明は、重要なテーマの一つです。近年の研究では、たとえば、青年期における人間のパーソナリティに関して、環境的要因の影響だけでなく、遺伝的要因の影響も無視できないことが解明されています。授業ではエリクソンやピアジェ等の理論を中心に、各年齢段階における心身の発達について主に学びます。

卒業論文テーマ

卒業論文の主なテーマ

  • インスタグラムと写真展における写真評価の研究:テーマ「自然」において
  • ゼリーを用いた味覚に対する色の影響について
  • スポーツオノマトペが運動パフォーマンスに及ぼす影響
  • 災害時における正常性バイアスの生じる要因についての検討:インタビュー調査を用いて
  • 高齢者の生きがい感:対人関係や社会活動性との関連
  • 発達障がい児のコミュニケーションの変容に関する研究:コミック会話を用いて

免許・資格一覧

※対応専攻/心理学専攻
資料請求はこちらから