文字サイズ

経営学研究科

研究者と専門職業人の養成を大きな柱に、多様な社会人のニーズにも応える

研究科の沿革・概要

本学に経営学研究科が設置されたのは1977年のことです。この研究科が新設されるまでは、経営学関係専門科目、演習等は経済学研究科の中で開講されていました。また経営学研究科の新設とはいえ、はじめに設置されたのは修士課程であり、博士後期課程はその2年後に発足しています。さらにその3年後、初めての博士号を出すことでようやく完成をみるに至りました。
経営学研究科は、これまで30数年間にわたって数多くの大学教員、専門職業人などを輩出してきました。修士課程の修了者は380名程度、また博士後期課程の修了者(単位取得者)は30名を超えています。最近の特長としては、社会人や留学生の比率の増加や税理士資格取得を目指す学生の増加をあげることができます。

研究科の特色

研究者および高度専門職業人の養成を大きな柱にしており、多様なニーズに応えるカリキュラムと指導体制を整えています。また、自由かつ系統的な研究を可能とするため、他研究科や(単位互換)協定校の科目を受講することもできます。国際的レベルの研究を行っている教員も少なくなく、意欲と能力に応じて高度な研究を行うことが可能です。
2015年度からは、会計学・税法コースを設置し、会計人養成を目的とした税理士試験の科目免除に対応したカリキュラムや支援体制を整え、実績をあげています。
また大学院修了後、一般企業や官公庁などへ就職を希望するニーズも増しており、修了生によっては地方自治体や一般企業など多方面で活躍しています。

専攻紹介

経営学専攻

修士課程では、経営学に関する高度な専門知識を身につけ、経済・社会や企業経営の変化に対応して自ら課題を発見し、それを論理的に分析・解決する能力を養うことを目的として、次の2つのコースがあります。

・「経営学コース」 : 経営学に関する豊富な授業科目を設置するとともに、きめ細やかな研究指導体制を整え、研究者や専門職業人を養成しています。
・「会計学・税法コース」 : 税理士養成のための体系的なカリキュラム、指導体制を整え、理論と実務のバランス感覚に優れた会計人を養成しています。

博士後期課程では、経営学に関するより一層高度な専門知識を身につけ、経済・社会や企業経営の変化に対応して自ら課題を発見し、それを論理的に集約し公表する能力を養うために必要な研究指導体制と論文作成支援体制を整えています。
学位による税理士試験科目免除申請について

税理士資格取得のためには、税理士試験で5科目(うち税法科目3科目、会計学科目2科目)に合格することが必要です。本研究科の修士課程を修了(所定の単位を修得し、修士論文審査に合格することが修了要件となります)し、税理士試験の一部科目に既に合格している場合、学位による税理士試験科目免除制度を利用することで、税法科目のうち2科目、会計学科目2科目のうち1科目の免除申請を行うことができます(学位による税理士試験科目免除制度の詳細は、国税庁のホームページでご確認ください)。

●会計学に属する科目(2017年度開講科目):財務会計論特殊講義、演習
●税法に属する科目(2017年度開講科目):法人税法特殊講義、租税法特殊講義、消費者法特殊講義、所得税法特殊講義、相続税法特殊講義、演習

在学生の声

経営学研究科 國枝 祐哉さん

私は税理士をめざしており、税法2科目の免除申請をするために、愛知大学大学院経営学研究科(修士課程)を志望することを決めました。
税理士志望の研究科では主に租税法を中心とした各種税目の内容の理解が中心です。法人税、所得税、相続税、消費税といった税目を学べます。さらに、税法を学ぶ上で必要最低限学ぶべき考え方や密接な関係のある法律、税法の施行前の最新の情報など学部では学べないような幅広い知識を習得できます。また、周りの学修環境もよく、ほとんどの学生が税理士をめざしているので、お互い研鑽したり、励ましあったりできます。
大学院はわずか2年間ですが、目的を持って学ぶことでとても充実したものとなります。同じ夢を持つ先輩や同級生と切磋琢磨した試験勉強や指導教授の丁寧な指導による研究といった貴重な経験もできるので、充実した大学院生活を行うことができると思います。