文字サイズ

英語学科

国際共通語"英語"の実践力を高め、国際社会へ。

英語学科では、国際共通語である英語について「読む・聞く・書く・話す」力を段階的に伸ばし、総合的な英語運用能力を身につけることを第一にめざします。その上で英語圏の文化・社会・思想などについても英語を用いて理解を深め、国際社会において世界の人々と対等に渡り合えるコミュニケーション能力の修得をめざしています。卒業生は、企業の海外事業部、航空会社、旅行会社、ホテル、官公庁、東海各県などの小・中・高等学校の教員として活躍する他、国内外の大学院へも進学しています。

トピックス

留学制度を積極的に活用。

集中的に学ぶ「1セメスター認定留学プログラム」。

春学期または秋学期の1セメスターで英語を中心に学ぶプログラムで、2016年度は国際コミュニケーション学部からは、17名の学生が参加しました。海外短期語学セミナーよりも長期滞在ができるので、英語コミュニケーション能力を伸ばしたい人に最適です。留学先は、カナダ、アメリカ、イギリス。すべて本学提供のプログラムです。ネイティブスピーカーから英語を学ぶだけではなく、世界各国から集まる留学生たちとの交流から学ぶこともできます。留学先で修得した単位は本学の卒業に必要な単位として認定しますので、4年間での卒業も可能です。

1セメスター認定留学プログラム体験者

多様な人々と語り合い、自分の価値観を変える体験。

ボールを捕ることを、カナダでは“Catch”と言いません。“Got it”と言います。選手に送る声援は“Trust You!”。「信じているよ!」という意味です。留学中の私は、教室で学ぶだけではもったいないと考えて、地域の草野球チームを探して参加。軟式野球やソフトボールの経験があったおかげで、試合も楽しみながら生きた英語を学べました。高校時代から海外への関心が強く、愛知大学を選んだ理由の一つが留学制度でした。クイーンズ大学は名門大学で、誰もが簡単に留学できる大学ではありません。そこで学べたのは、1セメスター認定留学プログラムがあったからこそです。もちろん授業は充実していました。Discussionの授業では、15人程度のクラスで、国際問題や社会問題を議論。外国人学生は政治や宗教の知識が豊富な人が多く、知識も語彙も乏しい私は議論に入ることができませんでした。以来、小さなことでも調べる癖をつけ、帰宅後はホストマザーとTVニュースを見て語り合うこともありました。帰国した今も、社会問題などの意見を交わす授業を、積極的に履修しています。英語力が伸びたことだけでなく、多様な人々と語り合い、価値観が変わったこと、それも私にとっての留学の成果です。

2年次から選択できる3つの専門分野

Language Studiesコース
英語コミュニケーション能力向上をめざすコース


高度な英語運用能力と言語文化に対する深い理解を基礎に、国際社会で対等に渡り合えるコミュニケーション能力を養います。
[履修科目例]英語学概論、英語の歴史、Mass Media English、English Grammar、English Language and Culture
Businessコース
エアライン・国際ビジネスの分野で活躍をめざすコース


企業の海外事業・国際流通部門、エアライン、旅行、ホテルなどに適応できる、高い語学能力と国際理解力を養います。
[履修科目例]Business Communication、Business English、Business in Asia、Tourism and Airline Industries、Business Presentation Skills、日英通訳法、日英翻訳法
Educationコース
英語教員をめざすコース

外国語学習の基礎・背景、教授法などを理解し、小・中・高および幼児教育に携わる英語教師をめざす人材を養成します。
[履修科目例]Second Language Acquisition、English Teaching Methods、イギリス文学講読、アメリカ文学講読、American History、British History

専門演習紹介

Carolyn’s Seminar

Researching Japan Seen From The Outside.
Understanding Britain & Britons Through Migration
Carolyn De Vishlin

Migration Issues in Britain
Migration issues such as the plight of the Syrian refugees or the Rohingya refugees in Myanmar, have become hot topics in worldwide media in recent years. My research has focused on public attitudes toward migration issues within Britain. From an historical perspective, there have been four main waves of migration to Britain; from the early-medieval Roman, Norman and Viking invaders, to the Early-Modern European Jewish and Protestant refugees, to the Industrial and Imperial economic migrants to the 20th and 21st century European, Indian and African immigrants, refugees and asylum seekers. Its’ migration history has deeply influenced the culture of modern Britain, and influenced the attitudes of modern Britons. In my seminar class and in one elective class, I focus on the contribution of immigrants to a country’s culture (particularly Britain) and the influence of the media on public attitudes toward them.

The Seminar Digest

Understanding the British Welfare System
In Carolyn’s seminar, various kinds of topics about Britain are brought up for discussion. Today’s topic is the welfare system in Britain. One student asked Carolyn about the merits and demerits of the National Health Service (NHS) in Britain. She answered that“ the NHS is really good insome ways. For example, it is 100% free, meaning that you do not have to pay to see a doctor. However, you often have to wait a long time to receive treatment, owing to the huge public demand on the health service. In some cases, patients have died while waiting for operations. For thatreason, people who can afford it sometimes‘ go private or go abroad’. This means they pay extra at a private clinic, or travel to nearby countries, particularly Belgium, to get medical treatment more quickly or more cheaply than they could get, back home”. The subject then switched to the benefits system in Britain. Carolyn showed a scene from a movie adaptation of Charles Dickens’ novel‘ Oliver Twist’ and explained“, in the story, the orphan Oliver is sent to a‘ workhouse’ which was a place, provided by the State, for people who could not support themselves and who were usually unemployed, starving and homeless. Workhouses were common in Britain from the middle of the 17th century to the early 20th century, where very poor people had to work and live under very harsh conditions. This film is a good example of what it was like.


ゼミナール・卒業研究テーマ

免許・資格一覧

※1 佛教大学への学費が別途必要です。
※2 豊橋キャンパスにて開講。
資料請求はこちらから