文字サイズ

現代中国学部

世界を視野に入れて中国・東アジアの今後を考察する。

現代の中国および東アジアの経済・政治・文化・言語について、日本との関係や世界情勢を視野に入れながら学んでいきます。1年次には今後の学習に不可欠なツールとして中国語の修得に努めるとともに、2年次春からの「現地プログラム」に備えます。帰国後は、現地で得た問題意識をもとに所属コースを決定。専門演習で研究を深めるほか、希望者はさらに現地での調査やインターンシップに取り組むことができ、国際社会のさまざまな舞台で活躍できる人材をめざします。

現場に根ざした実践的な学びで 中国から世界へと視野を広げ、行動できる人材を。

本学部は“現代中国”を学ぶ国内唯一の学部であり、中国語の運用能力のみならず歴史・経済・文化の総合的な理解とともに、国際的な視野と識見を備えたグローバル人材の育成をめざしています。その特徴として挙げられるのが“現地主義教育”と私たちが呼ぶ実践的な取り組みです。2年次に全員が参加する「現地プログラム」では、中国・台湾・マレーシアいずれかの語学留学を経験し、中国語と異文化コミュニケーションを学びます。そして3年次以降は「現地研究調査」「現地インターンシップ」のプログラムで、現地の実情やビジネスをより深く理解する機会を用意しています。2年間の長期留学で愛知大学と留学先大学の2つの学位取得をめざす「ダブルディグリー・プログラム」は、2017年に第一期生が卒業。2016年からは中国・南開大学に加えて台湾・東呉大学でも同制度を開始しました。また日本を理解し世界に向けて発信する「さくら21」プロジェクトに伴い、本学部においても異文化交流を主眼とした正課科目を開講。留学生と中国語で交流するグローバルラウンジの「愛大笹島茶館」など、国内での交流活動も積極的に行っています。こうした実践的な学びが成果となって、HSK(中国政府公認の中国語検定)では毎年多くの学生が上級レベルの5級以上を取得し、社会で通用する確かな中国語力を身につけています。異文化理解で培った柔軟性と精神力で、中国から世界に視野を広げて活躍できる人材の育成をめざします。

トピックス

2つの学位、ダブルディグリー・プログラム

南開大学(中国)または東呉大学(台湾)と本学の学位を。

ダブルディグリー・プログラムは、5年間で2大学の学位取得ができるプログラムです。2年間の留学で留学先の学位に必要な単位を修得し、さらに本学での卒業要件を満たした場合、双方の大学の卒業認定と学位が得られます。2014年より中国・天津市の南開大学でプログラムを開始し、第1期生2名が南開大学漢語言文化学院の学位を取得しました。2016年より台湾・台北市の東呉大学でもプログラムが始まり、第1期生が東呉大学人文社会学院での学位取得をめざしています。選考は中国語・英語が一定の水準に達していることなどを条件として、面接試験などを経て参加学生を決定。現地プログラム終了後の2年次秋学期から2年間を留学先大学で学び、4年次秋学期から5年次にかけては愛知大学で、卒業に向けた単位修得と卒業研究に取り組みます。世界中から学生が集う2つの名門大学で、高度な中国語運用能力とグローバル社会で通用する多角的な視点を養います。

現地主義教育 3つの現地体験

グローバル・アジアを体験し、たくましい国際人を育てる。

現代中国学部では、知識・教養としての中国語・中国理解を身につけるにとどまらず、現実の国際ビジネスや文化交流の場面で先導的な役割を果たし、日本と中国とのよりよい関係を築くことのできる、力ある国際人の育成をめざします。このため「現地プログラム」を2年次の必修プログラムとして、また「現地研究調査」「現地インターンシップ」を3年次の正課科目に加え、現地での体験を基盤に据えた実践的教育を行っています。

4年間の流れ

1年次

中国語を重点的に学習。ネイティブ教員による授業も多く含み、年間180時間に相当する中国語科目を必修としています。

2年次

全員4カ月間中国、台湾、マレーシアのいずれかへ留学(現地プログラム)。HSK5級の語学力をめざします。帰国後、「ビジネス」「言語文化」「国際関係」の3コースに分かれて学びます。

3・4年次

2年間で培った中国語を活かし、中国の政治、経済、文化、ビジネス、国際関係など、さまざまな角度から学びます。中国で2週間、社会や文化を調査・分析する現地研究調査(フィールドワーク)や、中国の日系企業では、日中ビジネスの足がかりとなる現地インターンシップを行います。

2年次から選択できる3つの専門分野

対中ビジネスのエキスパートを育成
ビジネスコース


経済力世界第二の中国と第三の日本のビジネスを学ぶことは世界を学ぶこと。ますます拡大する日中間の経済を中心に、日本の内外で活躍できる人材を育成します。しかも中国の経済、産業、金融、貿易や具体的なビジネススキルや交渉力にとどまらず、東アジア全体の経済構造や、政治、外交、社会、文化的背景もふまえて学習。中国のみならず、日本国内で、世界で活躍する基礎を身につけます。

文化を通じて日中の相互理解に貢献
言語文化コース


世界で最も複雑な文字体系を持つ中国語と、古代文明から続く多民族国家が誇る奥深く多様な文化を学びます。中国語を言語学的に分析して理解し、これをふまえて高度な中国語コミュニケーション能力を身につけると同時に、文学、芸術、社会、歴史、思想などのさまざまな分野から中国文化の特徴を総合的に学ぶことで、日中の様々な局面で、さらには多文化な国際社会で、活躍する人材をめざします。

中国を核に国際関係の観察眼を養成
国際関係コース


日本や中国の政治は欧米とは大きく異なります。その現実やその背景にある理屈を学ぶと同時に、欧米の視点から見た問題点を含めて多角的に考えるのが国際関係コースです。一方的に日本から中国を見るだけではなく、欧米との比較、東南アジアのまなざし、アフリカからの視点、太平洋の島国の見方など、多様なものさしを理解し、日中の位置を多面的に考え、世界で活躍しうる人材を育てます。

専門演習紹介

高橋ゼミナール

フィールドワークを重視し、現地主義に根ざした研究活動を。
担当教員:現代中国学部 教授 高橋 五郎

中国の農村地帯を歩き、農業経済の「今」を知る。
中国農業・農村研究45年、今や5省を除く農村地帯に足を運び、農業経済の調査・研究を行ってきました。畑の土を触ると、土地がひどく痩せていることがわかります。農業技術の問題もありますが、根源にあるのは中国の農地の所有構造です。農地が国の所有であるために、大切に扱い時間をかけて豊かな土壌に育てるという発想がないのです。こうした構造上の問題が農薬汚染や中国産食品の安全問題にもつながっているのですが、一方で新しい試みの萌芽もあります。近年ではエリート層の若手経営者が農業ビジネスに目を向け、富裕層向けに安全な有機農産物の生産・ネット販売を始めています。IT技術を駆使した新しい農業経営の形には、日本が見習うべき点も多々あるでしょう。現地での調査から見えてくる中国農業経済の「今」を、今後も追い続けていきたいと思います。

ゼミナール・ダイジェスト

教育の面から捉えた中国の格差問題。
高橋ゼミでは中国を中心に東南アジアの経済・社会の研究活動を行い、3年次に東南アジア諸国での短期フィールドワークを実施している。今回のゼミの発表者は格差問題に関心を持っており、今年度に実施したカンボジアのフィールドワークでは農村の格差について調査を行ったという。現在は中国における経済格差を研究しており、その要因として「教育」に着目、今回の報告を行った。中国では1978年以降、計画経済から市場経済への移行とともに高等教育への意識が高まった。しかし都市部では質の高い教師や充実した設備に恵まれる一方、農村部では正規の教師を雇う経済的余裕がなく、近年まで教員資格を持たない民弁教師(代用教員)が農村の教育を担っていた。こうした歴史的背景と現状を踏まえ、農村における教育の質や親の高等教育に対する意識の低さが将来の経済格差を広げる一因となっていると述べた。発表後に「教育よりも、農村出身者の地位が低いことに格差の原因があるのではないか」という意見が出る。「それも一因ですが、農村では子どもを大学に進学させたいという意識が薄く、将来的な格差拡大の要因になっていると思います」と回答し、その後は沿海部と内陸部での経済格差や、農村から都会への出稼ぎ問題に議論が及んだ。高橋先生が「中国の農村部では、通える距離に学校が存在しない地域もあります。また中国の教育制度は複雑ですが、都市部のように十分に機能していないことも問題です。教育を制度的な側面から掘り下げ、都市部と農村部の差について考察を深めてください」と助言し、議論を締めくくった。


ゼミナール・卒業研究テーマ

免許・資格一覧

※1 佛教大学への学費が別途必要です。
※2 豊橋キャンパスにて開講。
資料請求はこちらから